事故報告及び事故届

事故報告及び事故届

第一種製造者、第二種製造者、販売事業者、液化石油ガス法第6条の液化石油ガス販売事業者、高圧ガスを貯蔵し、又は消費する者、容器製造業者、容器の輸入をした者、その他高圧ガス又は容器を取り扱うものが所有し、又は占有する高圧ガスについて災害が発生した場合、高圧ガス保安法第63条に基づいて、事故報告及び事故届等を行うときに必要な手続きは次のとおりです。

1.事故報告[高圧法63、規93-2]の方法

事故発生の第一報を電話で直ちに行うこと。

高圧ガスによる事故発生時は、公共の安全を確保するため直ちに応急の措置を取り、事故及び被害の拡大防止に努めるとともに、県危機管理部消防保安課又は、各地方振興局県民環境部県民生活課(いわき地方振興局は、県民部県民生活課)へ電話による急報をお願いします。

特に次に掲げるいずれかの事故が発生した場合は、関東・東北産業保安監督部東北支部保安課(※別表1)へも、直ちに事故発生後の第一報を行ってください。

  • ①特定消費設備(※別表2)の使用に伴い人が死亡、中毒、酸素欠乏となった事故
  • ②特定消費設備から漏洩したガスに引火することにより発生した負傷又は物損事故

当該報告は、事故の発生日時及び場所、概要、原因並びに特定消費設備の製造者又は輸入者の名称、機種、型式及びその他参考となる事項について報告してください。

なお、報告事項のうち不明な点がある場合には、「不明」である点を明確にしたうえで報告すること。

「不明」 と報告した事項については、新しい情報が入り次第追加報告すること。

2.事故届[高圧法63、規96]の方法

(1)提出時期
事故急報後遅滞なく提出してください。
(2)提出先
所在地を管轄する地方振興局
(3)提出部数
正本2部(1部は届出者返戻用となります。)
(4)提出書類

事故届書に事故状況報告書を添付してください。
①特定消費設備に係る事故(様式57の2の事故届書)
②その他の事故(様式57の事故届書)

(5)留意事項

液化石油ガス販売事業者に関連する事故の分類は、次のようになります。

①漏洩

・漏れたガスが引火に至らず、また中毒・酸欠等による人的被害が無かったもので⑤を除くもの。ただし、軽微な漏れは除く。

②漏洩爆発

・漏れたガスが引火し、爆発又は火災に至ったもので⑤を除くもの。
  • 漏洩爆発:漏洩したガスによる爆発のみの場合
  • 漏洩爆発・火災:漏洩したガスによる爆発後火災発生、又は爆発の有無を問わず、かつ⑤を除くもの。
  • 漏洩火災:漏洩したガスによる火災のみの場合。

③火災

・ガス燃焼器具(これらに付帯するものを含む)の加熱、故障等を原因としてガスの漏洩が無い状態で火災に至ったもので、火災後の漏洩又は爆発の有無を問わず、かつ⑤を除くもの。

④中毒・酸欠

・不完全燃焼又は漏洩により、中毒又は酸欠の人的被害があったもので⑤を除く。

⑤その他

  • 自殺、故意、いたずら、盗難等により①~④のいづれかの事故に至ったもの。
  • 容器運搬中(移動中)の事故で①~④以外の場合。
(6)事故状況報告の作成要領

①事故の種類

・事故の種類は該当する口にレ点を付し、特定消費設備に係る事故である場合は、関東・東北産業保安監督部東北支部保安課へ報告した報告日時・報告者名を記載してください。
「○月○日○時○分頃」 (24時間制)
・災害の現象(漏洩、漏洩爆発、火災、中毒・酸欠、その他[自殺、故意、いたずら、盗難等]) は該当する口にレ点を付してください。

②事故発生時

・「○月○日○時○分頃」 (24時間制)と記載してください。

③事故発生場所

・住所に加えて、一般住宅等にあっては氏名又は名称、「○○アパート又は○○病院」等施設名、さらには許可・届出施設である場合には規制対象(第一種製造者、販売事業者、第一種貯蔵所等)を記載してください。また、移動中の事故にあっては、「○○市○○町地内国道○号線○○前上り車線」等と記載してください。

④事故の概要

・事故発生前の状況、発生までの経緯、事故の状況等をできるだけ詳しく記載してください。

⑤被害の状況

・人的被害は、負傷の程度別(重傷者、軽傷者別)に氏名、性別、年齢等を詳しく記載してください。
また、物的被害の場合は物的被害の箇所、被害の状況、直接損害額等を記載してください。

⑥事故発生の原因

・直接的、間接的発生原因、被害拡大原因等をできるだけ詳細に記載してください。
なおこの届は 、事故急報後できるだけ速やかに提出が求められるため、提出時点で不明の点がある場合は、「推定」 であることを明確にして原因を記載し、後に確定報の提出をお願いします。
・推定である場合は、原因の推定理由、原因推定上参考となる事実を詳細に列挙してください。

⑦供給設備等の状況

・該当項目すべてについて記載し、また該当する口にレ点を付してください。
・機種は別表2から選択して記入してください。選択した燃焼器が、「その他家庭用」 、「業務用その他」、「ガス栓(その他)」又は「その他」の場合は、具体的に名称を記載してください。
事故発生に係る燃焼器具が、瞬間湯沸器、その他の湯沸器、ガスストーブ、風呂釜の場合には、給排気の方法について、開放式・自然排気式・強制給排気式・屋外式・バランス外壁式・バランスチャンバ式・バランスダクト式から選択してください。
・末端ガス栓と燃焼器との接続は、硬質管、低圧ホース、ゴム管等から、該当する口にレ点を付してください。

⑧事故に対してとった措置

・応急措置状況、119番通報状況(時間、通報者)、関係者以外に対する避難命令、地域防災協議会等共同防災応援要請状況等について記載してください。

⑨今後の対策

・今後の事故再発防止対策について記載してください。
・事故原因が不明な場合は、「事故原因究明後に決定の予定」 と記載してください。

⑩その他参考になる事項

・消防、警察、報道、地元住民等の動き等参考になることがありましたら、資料等を添付してください。
(7)その他
事故状況については、事業者からの報告等をもとに県から国へ報告することになります。
このため、事故状況報告書の記載内容については、後日補足説明を求められる場合があります。

pagetop